ウッドワーク スズキ

キッチン

キッチン

使いやすいキッチンにしたい(あなたはどこにこだわりますか?)

家のリフォームの中で一番時間をかけて悩まれるのがキッチンではないでしょうか。
キッチンの場合既存の位置や形のイメージが強く、ああしたいこうしたいという気持ちがうまく表現できずに悩むことが多いようです。
◎キッチンをリフォームしたい理由として
 ・天板や吊戸など身長にあった高さのキッチンにしたい
  (腰の負担をなくしたい)
 ・給水栓を使い勝手の良いものに、また浄水器をつけたい
 ・女性でも簡単に掃除のできる換気扇にしたい
  (できればフィルター無しのもの)
 ・洗い場シンクの形状、材質、色などを選びたい
 ・収納部分の引出タイプや開き扉タイプの使い分けをしたい
 ・カウンタートップをステンレスから人造大理石にしたい
などがあります。
◎キッチンの種類としては
 ・横一直線のI(アイ)型
 ・直角に折れ曲がったL型やA型(L型のコーナー部分が斜めになっている)
 ・対面型(カウンタータイプやアイランドタイプ)
上記キッチンに数多くのオプションが取り揃えられています。
最近のキッチンの特徴として、シンク(洗い場)やカウンタートップの色のバリエーションが増えていたり、扉の色やコーティングもパターンが増えて見た目のファッション性を感じられるような製品が増えています。
使い勝手の面においても収納や引き出しの大きさにバリエーションを持たせたりと各メーカーも工夫を凝らしています。
キッチンの奥行きも標準としては65pですが、5p少ない60pの奥行きの用意をされている製品もあります。また、キッチン前に窓や出窓などがある場合に窓回り、特に出窓カウンター付近をキッチンパネルでおさめて見た目にきれいに掃除のしやすいものにすることもできます。